読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

1冊の本を読んで、1つの疑問を解消しよう。

工夫を重ねて開発したグリップとただ車のハンドルを固定するための棒。 ミリオネアになった発明家がどちらか? 『億万長者のビジネスプラン』

工夫を積み重ねて作ったグリップ

テニスが趣味のトムは、テニスのグリップのことを考えていた。
彼は医学の本を読み解剖学、人類学、生理学の専門家尋ねクリップの問題を解析し試作品を作った。
彼は5年間かけて画期的なグリップを発明し特許を取得した。
彼のグリップはいろいろなものに応用することができた。
例えば、マウンテンバイクの選手たちは、彼の商品を優れたものとして認めた。
彼はグリップの特許技術を、会う人会う人に宣伝した。
しかし、思うように売り上げが伸びなかった。
彼の商品は他社の商品に比べて開発やマーケティングに時間がかかってしまったので、どうしても費用が高くなってしまった。
 

the club

the clubで画像検索をすると、まっすぐな道にアルファベットの言うの文字に似た部品が2つ付いた棒が出てくる。
これがアメリカでは有名になった商品「the club」 。
この商品を考案したのはウイナー。
彼は自分の車が盗まれたことに腹を立ててこの商品を思いついた。
わかりやすく、簡単に使える上に価格も手ごろなこの商品は説得力のある商品となった。
彼の会社は、わずか8年間で年商100億円企業に成長した。
 

2人の発明家の明暗を分けたのは何だったのだろうか?

 
本書にはミリオネアとなった起業家の「起業ネタ」の具体例がたくさん詰まっています。

 

億万長者のビジネスプラン―ちょっとした思いつきとシンプルな商品があればいい

億万長者のビジネスプラン―ちょっとした思いつきとシンプルな商品があればいい

 

 

ミリオネア起業家になるための8つの法則

本書の最後にはミリオネア起業家になるための8つの方法がまとめられています。
  1. ありふれたビジネスを革新する
  2. 収益の高い商品やビジネスを独占する
  3. サービス化を促進していく
  4. 成功したやり方をコピーして数を増やしていく
  5. ダイレクトに売る
  6. 情報をお金に変える
  7. 知名度を最大限に活用する
  8. 独創的かつ賢明な組み合わせを行う
でもおそらく、この法則だけを初めて目にしてもピンとこないのではないでしょうか。
本書を読んで、起業ネタの具体例を知ると、
「なるほど『ありふれたビジネス』ってこういうことね」
「お金になる情報ってこういうことか」
なんとなくイメージが掴めてきます。
 
冒頭に紹介した例について解説しますと、
the clubは、アメリカで誰もが持っている車の防犯に関する商品です。
つまり「1.ありふれたビジネス」。
 
そしてもう一つ。
商品の技術力とは何の関係もないのですが、 the club がたくさん売れたのにはもう一つ秘密があります。
the clubを装着していた車が盗難に遭った場合、彼の会社は最高500ドルを払うという保証があるのです。
実際のところ、盗難時間の報告件数はごく僅かであり、購入しても使用しなかった人が多かったり、購入して数年経つと保証が付いていたことすら忘れてしまったり、会社が背負う金銭的リスクは非常に少ないものだと著者は書いています。
それでも「特別保証がついている」というのは、商品を売るときにはとてもポジティブに働くとのことです。
これは「8独創的かつ賢明な組み合わせ」に関係するでしょう。
そう、成功した起業家はひとつの方法で富を築いているのではありません。
1つのアイディアのように見えて、たいていたくさんの方法が独創的に組み合わされているのです。
この考え方を読んで思い出したのは「0.2%の改善」と言う言葉です。
毎日0.2%改善していると、365日後には2倍になる、勝間和代さんはそう言っています。
おそらく成功した起業家が、bleu oceanを行っているように見えるのは、「ぽん」とブルーオーシャンの商品を思いついたのではなくて、ちょっとずつの差別化の積み重ねなんだろうなとそう感じました。
 
そんなブルーオーシャンを行った起業家たちの具体例がたくさん詰まった本書。
単純に「ビジネスってこんなふうにはじまるんだ」、 と具体例を読むのはとても面白いです。
起業を考えている方も、そうでない方にもお勧めです。
 

 

億万長者のビジネスプラン―ちょっとした思いつきとシンプルな商品があればいい

億万長者のビジネスプラン―ちょっとした思いつきとシンプルな商品があればいい

 

 

 
 

池上彰レベルの説明力をつけるにはどうすればいいか。『テレビに学ぶ伝える技術』

 

図解 テレビに学ぶ 中学生にもわかるように伝える技術

図解 テレビに学ぶ 中学生にもわかるように伝える技術

 

 

本書は、
  • 人前で上手なプレゼンがしたい
  • わかりやすい説明ができるようになりたい
  • 人の心をつかみたい
そう考えている方にテレビキャスターのようにわかりやすい伝え方をするにはどうすればよいか。
そのノウハウをまとめた本です。
 

著者の天野さん

著者の天野さんは.新卒で広告代理店に就職し、
  • 新聞雑誌の担当
  • ラジオテレビの広告
  • チラシを交通広告
  • イベント
等を担当されその後
  • 新聞記者として取材をして記事を書いたり
  • 広告主として雑誌の広告やcmを作ったり
  • webサイトやビデオの制作経験したり
「プレゼン」に関し、あらゆる媒体で経験を積まれた方です。
その天野さんが最後に経験したのが「テレビ」。
 

テレビの真髄は何か

そんなプレゼンのプロである天野さん。
テレビの真髄は何かと問われたら
「情報を『見せる』ことです」
と答えるそうです。
でも、意外なことに、テレビ業界で働く方はその凄さに気づいていないとの事。
本書はプレゼンのプロである天野さんだから気づいた.テレビの業界の「伝える技術」をまとめた本なのです。
 

本書の内容

本書にはテレビに学ぶ伝える技術が具体的に37個書いてあります。
この中から私がなるほどと思ったテクニックを3つご紹介いたします。
 

最初に結論、がテレビの鉄則

「今朝関越自動車道で、乗用車4台が絡むスリップ事故がおきました」
ニュースでは最低限伝えなければいけない事実を1番最初に伝えます。
プレゼンでも同じ。
冒頭で概要を短く伝えるためのコツは「何がどうした」を15秒以内で話せること。
例えば
「これからご紹介するのは製造にかかる時間をが3割カットできる装置です」
のように具体的な数字が入っていることもポイントだそうです。
 

タイトルは短いほど偉い

「元祖! 大食い王決定戦」
「踊る!  さんま御殿!! 」
タイトルだけで番組の内容がイメージできたり誰が出ている番組かが分かります。
つまりこれらのタイトルは、内容や出演者など視聴者が番組を選ぶための判断材料を確実に伝えているタイトルなのです。
ポイント3つ。
  • コンパクトな文字数
  • 固有名詞
  • 記号
これらを駆使することでひと目でもわかるタイトルができるとのこと。
 

テロップが16字までしか使われない理由

とにかくコンパクトに。じゃあ一体何文字までならいいの?
答えは16文字まで。
これからこんな内容を放送するしますよというタイトルテロップは15から20文字しか表示されていないそうです。
これが人間が2秒(一瞬)で認識理解できる文字数の限界だそうです。
文字数を減らすために
  • 外来語アルファベットにしたり
  • 漢字にしたり
  • アイコンを使ったり
する工夫をします。
 
というようなすぐにできる具体的なテクニックが37個書かれています。
あらゆるプレゼンが、明日から良くなるかもしれない、特に売り込みをする方にオススメの1冊です。

 

図解 テレビに学ぶ 中学生にもわかるように伝える技術

図解 テレビに学ぶ 中学生にもわかるように伝える技術

 

 

プレゼンの勝負はいつ決まるか知っていますか? 『話さずに決める! プレゼン』

「一言も話さず決めたプレゼン実績、多数」。
本書の著者である天野暢子さんのプロフィールに書かれた言葉です。
インパクトのあるプロフィールですよね。
 
先日、天野さんの講師となるイベントの案内を目にしました。
残念ながらそのイベントは都合が合わず参加を見送ったものの、プロフィールの強烈なキャッチコピーを拝見して興味を持ちこちらを読んでみました。
サブタイトルは、「15秒で納得させる通る資料の作り方」。

 

図解 話さず決める!プレゼン―15秒で納得させる“通る資料”のつくり方

図解 話さず決める!プレゼン―15秒で納得させる“通る資料”のつくり方

 

 

プレゼンの勝負はいつ決まるか

考えたことなかったです。
まあ、普通に考えれば、
  • プレゼンの途中とか、
  • プレゼンが終わった瞬間とか
かな、と最初私は思いました。
天野さんの答えは「対面プレゼンの前」。
コンペなどでは
  • 書類審査を通なければ、対面プレゼンの機会自体が与えられない
  • 先方の担当者やその背後にいるキーパーソンは、書類審査を終えた時点で何を採用するかほぼ腹を決めている
つまり、話す機会を与えられたときには結果が決まっているとのこと。
逆に言うと、対面プレゼンの場で多少失敗しても、プレゼン資料の作り込みがしっかりできていれば、うまくいくことがあるということです。
本書は話さずに決める「勝つプレゼン資料」を作るには具体的にどうすれば良いかが書かれた本です。
 

通る資料に欠かせない3つのポイント

著者は3つのポイントとして
  1. ビジュアル
  2.  カラー
  3.  シンプル
をあげています。この3つを抑えれば文章が下手でも、話が下手でも、通る資料が作れるとのことです。
 

具体的なテクニック

以下、取り入れたい!   と思ったテクニックのメモです。

具体的に盛り込む

  • 数値を出す
  • 金額を出す
  • スケジュールを示す
  • マスコミにプレゼンの後押しをしてもらう

数値の書き方

  • 数字は右揃え
  • カンマをつける

理想的には文字は全てビジュアル化

 

  • イメージイラストをつける
  • スケジュールをビジュアル化
  • 家族関係 ⇒ 系図
  • 場所 地図上
  • 写真 「百聞は一見にしかず」

文字の使い方

 

  • 見出しには体言止めが効果的
  • 目次はグループ分け
  • 接続詞は使わない

シンプルに

  • 3つに絞る
  • 3つをさらに一言でいう

カッコいい見せ方

  • 余白を使う
  • 黒ふちは無し
  • グラデーションで、高級感

本書の良いところ

ビジュアルで資料の理想アフターが示されていて、このポイントを直すとどうなるどう良くなるのかというのが一目でわかるようになっているところです。
実際にパラパラとめくって「みる」ことをおすすめします。
 

感想

読んで感じたのは「勝つ」ためには、細やかな配慮の一つ一つの積み重ねが大事だということです。
はっとしたのは、先方の決定を促すような様々な工夫を仕掛けておくということ。
例えば
  • 大勢の関係者が同時に目を通せるように複製を渡す
  • まとめて回覧できるようにバインダーに入れる
  • いつでも問い合わせができるように連絡先を記載する
  • 返信用封筒を入れる
なぜ、著者はここまでするのかというと、プレゼンの目的が明確だからなのです。
よく「プレゼンの目的を考えろ」とは言いますが、例えばコンペの場合、目的が「勝つ」では抽象的です。
ゴールの「勝つ」というのは、例えば具体的には相手にハンコを押してもらって返信用封筒を返信してもらうところ。
そこまで具体的に落とし込むというのが大事なんだなと思いました。
書かれたテクニックは、
  • 何かひとつを採用するのでも効果があるかもしれませんが、
  • ひとつひとつ積み重ねることが
きっと大事なんだと思いました。丁寧な準備を心がけたいです。
勝者はここまで準備する。それを教えてくれた一冊でした。