どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

2男の母の読書日記です。最近は小説中心です。

藤本ひとみさんの、「密室を開ける手」を読みました。

藤本ひとみさんの「密室を開ける手」を読みました。

 

密室を開ける手 KZ Upper File

密室を開ける手 KZ Upper File

 

 

あらすじ

本書の主人公は上杉和典。
数学が何より好きで得意なクールな男の子、開成高校の2年生です。
青い鳥文庫で展開されているKZシリーズの、上杉君です。 )

物語は彼のおじいさんが亡くなるところから始まります。
一緒の家に暮らしたこともある祖父が亡くなったのに、クールな彼はあまり悲しみを表に出しません。
お葬式でさえ、欠席していまいます。
そんな和典の態度に、友人たちは注意を促します。

葬儀で家がバタバタする中、和典は母親に頼まれてクリーニング屋に父のズボンを受け取りに行きます。
受け取ったズボンにはメモが付いていました。
「染み抜き(血痕)」
そして、ポケットには長崎への飛行機の搭乗券の半券が入っていました。
搭乗券のことを母親に伝えると、母親は鼻を鳴らして答えます。

どうせ長崎のでしょ、長崎にいるのよ。パパの女

父の部屋を調べれば、長崎を多く含した搭乗券がファイルに閉じられているとのこと。
父の部屋を調べてみれば、搭乗券と共に古びた写真が一枚出てきました。
父の服にはなぜ血痕がついたのか。
父はなぜ長崎に通っているのか。
この写真は一体どこのものか。写っているのは誰か。
往復の搭乗券と共に見つかった一枚の写真を元に和典は謎を追い始めます。
謎を追ううちに知恵の疑惑は膨らみ、意外なことに祖父の人生が明らかになっていきます。

感想

上杉くんの成長物語

むかしむかし、藤本ひとみさんの本を読んでおりまして、今でも新刊が出ると懐かしく手に取ります。
昔、コバルト文庫で始まったKZリーズ。
今では青い鳥文庫で藤本さん原作、作者住滝さん続けられており、もう30冊になろうかというところです。
青い鳥文庫の主人公はアーヤです。

一方、パラで、主人公達がもう少し成長した時のシリーズも進められています。
こちらの著者は藤本ひとみさん。
本書、密室を開く手は、主人公達が高校生になった時の様子が描かれたものです。
藤本さんが著者のものは、上杉くんの目線で書かれたものが多いように感じます。
著者的に、上杉くんが一番書きやすいのかなと私は感じています。

クールで氷の塊のような上杉くんですが、本シリーズでは、ひとつ丸くなった様子が伺えます。
また、これまでの本から、

  • ご両親が不仲、
  • 母親が過干渉

という、家庭環境の不和が窺えましたが、今回、ご両親との関係がより明らかになります。パパは浮気はしていなかったようですね。ほっ。

子供の性格はもちろん、生まれ持ったものもあると思いますが、家庭環境の影響も色濃く受けるでしょう。
上杉家の事情と、上杉くんの性格。
これも、著者によって計算され構築されたものと考えられます。
彼の情緒性の乏しさは、この家庭で培われて、助長されてしまったのかもしれません。
本書は彼の成長物語であり、上杉家の成長物語でした。

アーヤと付き合っていたのは……

本書でアーヤと上杉くんがつき合っていたということが明らかになりました。
しかし、そのお付き合いは上杉君のお母さんが過干渉であるため終わってしまい、彼女は今ドイツに留学している模様です。
KZは、やはり中学卒業と同じ頃? 解散してしまったのでしょうか。
大分、引っ張られる気がしますが、KZの終わり方も気になり、KZシリーズがうまくまとまることを祈ります。彼らの成長物語は末永く読みたいです。

母の目線で読む

他の本で、上杉君の目線から、母親の過干渉っぷりが描かれたときは、それは全くうざいなと感じたものですが、今では、私には上杉君のお母さんがそれほど異常には思えません。
母の目線として考えれば、気まま行動する男の子に干渉したい気持ちや、囲いたい気持ちもわかる気がするのです。
藤本ひとみさんのキラキラした男子が出てくる小説を、その母親目線で読む日が来るとは思ってもみませんでした。。。
理想的な思春期の両親って、どんな感じなんでしょう。
過干渉も違うし、無干渉もまた違うと思うのです。
しかし、男の子はなかなか家の外であったことをお話ししてくれないので、適度な関係って難しそうです。
上手なコミュニケーションができる親子関係を築きたいな。
でも、ちょっとブレてしまっても、子供が成長する過程で、徐々に適切な距離感をさぐって修正していくことも可能なのかな、そんなことを考えました。

Upper Fileは本作で2冊目。

KZメンバーの将来が気になる方、是非読んでみてくださいね。

 

失楽園のイヴ KZ Upper File

失楽園のイヴ KZ Upper File

 

 

 

密室を開ける手 KZ Upper File

密室を開ける手 KZ Upper File

 

 

垣谷美雨さんの、「夫の墓には入りません」を読みました。

垣谷美雨さんの、「夫の墓には入りません」を読みました。

 

夫の墓には入りません (中公文庫)

夫の墓には入りません (中公文庫)

 

 

あらすじ

主人公の夏葉子は40台の主婦。
東京生まれ東京育ちですが、旦那さんの転勤に付き添って、長崎で暮らしています。
子供がいない彼女にとって、夫は唯一の家族。

そんな夏葉子に、ある晩、衝撃的な電話がかかってきます。
ビジネスホテルで、夫が脳溢血で亡くなったというのです。
しかし、夏葉子は夫の死がそれほど悲しくはありません。
夫とは会話も乏しく、距離感もあり、いつもモヤモヤを感じていたのです。
1人で食べていくのが大変だから離婚こそしなかったものの、もし自分で稼げるすべを持っていたら、とっくに離婚していたかもしれません。

夫の死で、私はとてつもない自由を手にしたのかもしれない。
仕事も仲の良い女友達もいる大好きな街で、これからは1人自由に暮らしていける。
再婚だって夢ではないかもしれません。
これからの生活にむしろ喜びを感じる夏葉子に、夫の家族の存在が重くのしかかります。

姑は、家に入り浸り、しつこく旅行に誘ってきます。
彼らにも思惑がありました。
舅や夫の姉のお世話を夏陽子に手伝ってほしかったのです。
夫の父は認知症の症状が出始めています。夫の姉は、夏陽子と同世代ですが、仕事もせず、実家に引きこもっていたのでした。

夫の家族から自由になりたい

夏葉子は人からいろんなことを押し付けられるばっかりだった人生を変え始めます。

感想

主婦は何もかも押し付けられすぎ

時代が変わりつつあるとはいえ、家の中のさまざまなことを日々多々押し付けられすぎ! と感じている女性は多いのではないでしょうか。
夫が亡くなった時の夏葉子の気持ちは、そんな同世代の女性の共感を呼ぶものだと思いました。
自由になりたいと思う日も、ありますよね。

家族はこうあるべきという価値観。

嫁は舅のお世話をすべき。
嫁はこうあるべき。

その価値観は、東京と地方、そして世代によって大きく違うのでしょう。
東京育ちの夏葉子と、地方都市の旧家の姑との「当たり前」は日本の中で一番ギャップがあると言っても過言ではないのかもしれません。
会話が通じないほどのギャップがある人通しでお互いの当たり前押し付けずに生きていくのは大変です。

物語の後半で、夏葉子は自分の気持ちをいう練習をします。
夏葉子の父は言います。

相手を批判せず、自分の気持ちを言え。

とても大事なことだなと、ここ勉強になりました。

さすがの垣谷さんの作品。やはり自己啓発書のようです。物語として、とてもリーズナブルな構成でハッピーエンドにまとまっています。

 

夫の墓には入りません (中公文庫)

夫の墓には入りません (中公文庫)

 

 

垣谷美雨さんの「老後の資金がありません」を読みました。

垣谷美雨さんの「老後の資金がありません」を読みました。

 

 

 

概要

本書の主人公、後藤篤子は、50過ぎの主婦。
旦那さんは、あと3年で定年を迎えるサラリーマン。
長女は28歳、長男は大学4年生。2人ともまだ実家にいるものの、そろそろ独立しようかというお年頃です。

そんなある日、長女の結婚が決まります。
お相手は大きなスーパーを経営するご家族のご子息とのこと。
結婚式に600万円も支援することになります。

続いて、義理のお父さんがなくなります。
お父さんは老舗の和菓子やさんを経営していたため、それなりの葬儀にしなければ、親戚や周りからのプレッシャーを受けます。
ここでまた数100万円の支出が発生します。

大きな支出が続き、篤子はお金の使い方について考え始めます。
気になるのは、篤子のフラワーアレンジメント仲間のさつきのお金の使い方です。
彼女はお金を使う時、節約する時のメリハリがとても上手な気がするのです。
葬儀のバタバタが落ち着いた後、篤子は、さつきに尋ねます。
さつきの義父の葬儀にはいくらかかった?


その答えは25万。
先日の葬儀に300万円かけたばかりの篤子は仰天します。
しかも、さつきは、それでも心温まる式にできたとのこと。
篤子は思います。自分はお金の使い方を間違ったのではないだろうか。
冠婚葬祭にかける費用は、あくまでそのひとときのためにかけるもので、後には残りません。
「ミエ」にお金をかけるよりも、自分や家族の将来に実用的に役に立つものにお金を使った方がいいのではないか。

お金について何かを掴みかけた篤子に、降りかかる夫婦のリストラ。
そして、訪れたちょっと危ない仕事のチャンス。
篤子たちは再び手に職をつけることができるでしょうか。
そして、家計はどうなっていくのでしょうか

感想

お金の使い方について考えさせられる本でした。
ギリギリまで節約するのではなく、大事なところにはお金をかけてメリハリをつける。
そんな理想的なイメージはあるものの、現実はそう上手くはいきません。
大事なものが何なのか、自分の中でと判断基準がしっかり定まっていないからかもしれません。

一つ感じたのは、やはり予算は必要だということです。
特に、かけようと思えばいくらでもかけられるもの、

  • 旅行やレジャーにかける費用
  • 化粧品や衣料にかける費用
  • 習い事にかける費用

は年にいくらまでと、決めないとだめだよな~と、Money Fowardを上手に使わないとな~と思いました。
やはり、垣谷さんの小説は自己啓発本です。

物語の前半で、美しいお金の使い方をしている見本として描かれていたさつきが、物語の後半では「がめつい」ところを見せだします。
一方、浪費家と思われた美乃里はスポーツジムのインストラクターという地に足の着いた職を目指し始めます。
たぶん、お金の使い方で反省がないひとはいなくて、失敗しながら学ばなければいけないんでしょうね。
老後の資金に不安がある人、のみならず、日々の買い物で買う買わないで迷うすべての人に、考えさせられるところのある作品です。