どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

二児(長男・次男)の母の読書日記です

人工知能ができたからって人の仕事はなくならない。『人間は「心が折れる」からこそ価値がある』。

仕事でミスが続き、「もう私この仕事ダメかも……」と思ってこの本を手に取りました。

が、結論から言うと心は折れた方が良いとのことです。

なぜでしょうか。

それが本書のテーマです。

 

 

本書の内容

本書のメインの題材は、実は人工知能です。

(少なくとも私はそういう印象を持ちました。)

本書は人工知能研究者が最終的に作ろうとしているのは「心の折れるコンピュータ」であるというところからスタートします。

 

本書を読んで、人工知能ができたからって人の仕事はなくならない。

人工知能はめんどくさい仕事をやってくれる。

しかも、本当に賢い人工知能ができたなら、複雑な問題についても、 スマートで倫理的な回答を出してくれるかもしれない。そんな明るい未来を想像しました。

 

人工知能ができて人の仕事はなくなるか

 

そもそも仕事の定義とは何でしょうか。

本書では職業の正しい定義は社会に提供する機能としています。

例えば学校の先生であれば教育、お医者さんであれば医療、となるわけです。

社会は昨日を必要としているので、人工知能がなくなったとしても職業がなくなるわけがないと書かれています。

 

例えば人工知能を搭載したマシンが教師の昨日の一部を担う日が来るかもしれません。しかし、人工知能に対して「生徒に何を教えるか」という設定な部分を考えるのは人間です。

よって、 人工知能の上司の人間の仕事は残ると考えられます。

 

また仮に人工知能を搭載したマシンが、先生になることが一般的になると、人間の教師に襲われということは非常に贅沢なことになる可能性がある、と本書には書かれています。

そうすると、今までと同じ「教師」としての職業も残る可能性があります。

その場合、人工知能を搭載したマシンに教わるよりも、今までと同じ「教師」に教わるほうが、お金がかかることになります。

 

よって、

  • 設計側の仕事と
  • 特にお金持ちの人が、「人」にやってもらいたいと感じる仕事

は、どんなに人工知能が進化したとしても、人の仕事として残ると考えられます。

 

心が折れる、つまり情動があるのは素晴らしいこと

 

情動のままに行動することは時に論理的でないことがあります。

例えば、 仕事が残っていることがわかっているのに、疲れたのでやめるとか。

でも、このように直観に従うことが、論理的に出す結論を上回る場合もあります。

もしかしたら、疲れたというのは体からのサインでそのまま仕事を続けていたら、くも膜下出血を起こしていたかもしれません。

 

近未来に向けて高めておきたい力

 

また、現代必要とされるのは、新しい高付加価値のものを生み出す力です。

本書には、仕事で高付加価値を生み出すことができるのは、自分の感情に正直で自分の感性を大切にする、心ある人間だけだとかいうことが書かれています。

嬉しいと 感じることをするときに想像力が最も高まるからだそうです。

 

人工知能時代を生き抜くためには感情を否定せずに、感情を大事にすること。

まずは自分が嬉しいと思うことを探して行ってみること。

そして誰かに嬉しいと思えることを思ってもらえることを考えること。

 

本書の締めくくりは、人工知能と暮らす近未来に向けて、最も高めておくべき能力とはそのような情動の力だということでした。

 

最近、わくわくを大事に、人をよろこばせることに、もっとすなおに直進すべきという本によく出合います。

自分が本当に好きなことって何だろうと、自分に向き合うのってなかなか難しいと感じる今日この頃です。

仕事、疲れたと感じたら、休むのは人間しかできないとこですね。

 

 

お金よりも大切な貯めておきたいもの。『お金2.0』

一時期電車の中吊り広告でたくさん広告されていた頃に予約をした本がようやく来ました。

お金2.0。

タイトルと、広告のキャッチセールだけを見て、 仮想通貨のことなんかが書いてあるのかな、稼げる方法が書かれているのかな、と想像していました。

仮想通貨のことも少しは触れられていますが、 もっと生き方とかお金ってなんだろうとか考えさせられる本でした。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

 

著者について

著者の佐藤さんは早稲田大学在学中に起業し 、実際に会社を経営したり、自社の株式を公開したりしている方です。

日々の経理から資金繰りなど、リアルに、密接にお金と付き合いのある方です。

佐藤さんのご家庭はお世辞にも裕福とは言えず、小さい頃からお金について意識する機会が多かったそうです。

本書は「お金や経済とは何なのか」その正体を多くの人に理解してほしい、そんな思いで書かれたそうです。

お金にはならないけれど価値のあるもの

私が本書を読んで一番印象に残ったことは、資本主義が考える価値と世の中の人の考える価値あるものの間に溝ができていて、「お金よりもお金にはならないけれど価値のある物ってあるよね?」と、多くの人が考え始めているということです。

で、そうするとお金はどうなるのでしょうか。

「価値主義」

これまではお金が価値を媒介する唯一の手段でしたが、価値を交換する手段はお金である必要がなくなっていると著者は指摘します。

ここで例に上がっているのが Twitter のフォロワーが100万人以上いる人。

このような人が何か事業をやりたいと考えた時に、彼はタイムライン上で仲間を募りクラウドファウンディングを通して資金を募り、分からないことがあれば仲間に知恵を借りられます。

ここで彼は、「他人からの注目」という価値を持っていると著者は指摘します。

ツイッターのフォロワーが100万人以上いる彼はこの「他社からの注目」という価値を好きなタイミングで人脈や金や情報という別の価値に転換することができるのです。

著者はこの流れを資本主義ではなくて「価値主義」と呼びます。今後は可視化された資本ではなくてお金に変換される前の価値を中心とした世界に変わっていくと著者は予想しているそうです。

 

私は相手に何をあげられるのか

ミニマリストが増え、家族との時間を大切にするために早めに帰宅する人が増え、確かに世の中の流れは、お金にはならないけれど価値のあるものを大切にするようになっていると感じます。

もしもこれから、著者の言うようにお金の価値が徐々に下がり、お金では評価できない価値が重要になってくるとしたら、それもいつかお金のように数値で指標化されるのでしょうか。

著者が本の中であげている Twitter のフォローは Facebook のいいねなどは新しいお金以外の価値の指標の一つと言えるかもしれません。

そして、今後はそれが「お金」の一種になり、交換可能になっていくのかもしれません。

もしそうなっていくとしたら、私たちは欲しいものを得るために新しい「お金」を稼がなければいけません。つまり、自分自身の価値を上げていかなければいけません。

自分自身の価値ってどうやってあげればいいのでしょうか。

そう考えると、価値とは、相対的なもので相手に評価してもらって初めて生じるものですので、「相手に何をgiveできるか」それが大切なことになるのではないかと感じました。

それはスキルだったり、知恵だったり、経験だったり、情報だったり。

あるいは、そういうものを惜しみなく公開することで、人徳のような価値を蓄積できるかもしれません。

私たちは日々の生活の中で意識的、戦略的に目に見えない価値を蓄積して、自分の欲しいものと交換する。そんな社会になるのかなと妄想させられました。

 

仮想通貨については全然わかっていませんが、お金という概念の次元を変える本でした。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

 

 

なぜ夫は家事をしてくれないのかとイライラしてしまったら読む本。『人間関係をしなやかにするたった1つのルール』

朝7時前。
そろそろ子供たちが起きてくるなーと思いながら朝食の準備をしていた私はイライラしていました。
 
ソファーの上には乾燥機から回収した、たたまれていない洗濯物の山。
机の上にはまだ書かれていない保育園の連絡帳。
そして、今日は保育園にエプロンと三角巾を持っていかなければならないって言ってたっけ。
その準備もしなければ。
 
そんな状況のリビングで、夫は「朝食の準備まだ?」といいたげにこちらの様子をみると、スマートフォンいじり始めました。
 
なんでこんなに家族のやることが山積みなのに、自分のことをするんだろう。
夫に期待して、イライラしている自分のために読みました。

 

人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論

人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論

 

 

 

本書について

本書は選択理論について書かれた本です。
著者の渡辺奈津子さんはカウンセラー。
本書の「はじめに」によると、この本は人間関係の解説書であるとのこと。
  • 人間関係の中で感じる不快なモヤモヤの理由が理解できるようになり、
  • 自分自身の操縦ができるようになる
とのことです。

3つのキーワード

本書を読んで大切だと思った3つのキーワードについてメモしておきます。
  1. 外的コントロール
  2. 選択理論
  3. 上質世界
 

外的コントロールと選択理論

外的コントロールとは「人自分の期待通りにコントロールしようとする考え方」です。
私が夫に「どうしたら家事をやってもらえるか」と思うことは、この「外的コントロール」にあたるわけです。
私が夫にどうしたら家事をやってもらえるかと言うのはこの外的コントロールにあたるわけです。
 一方の選択理論では、
  • 私たちは内側から動機づけられており
  • 自分の願っている物を手に入れるために行動している
  • だから自分は他人からコントロールされているわけではないし、
  • 相手も思うようにコントロールすることができない
ということになります。
このように考えることで、他人や状況に振り回されることが少なくなるとのことです。
  • 相手の意見を変える
のではなくてお互いの違いを話し合ってより
  • 良い関係を作る方向
にエネルギーを注ぐことができます。
 

外的コントロールの背後には……

外的コントロールの背後には、「私は正しい、相手や間違っている。だから私の思う通りにコントロールしよう」と言う思いが隠れています。
そうですね、夫は家事をすべきと思っているときには、
「家族の仕事があるときには家族の仕事をすべき」
という考えがあり、それが正しいと思っていました。
相手も思うようにコントロールすることができない このように考えることで、他人や状況に振り回されることが少なくなるとのことです。 
こんな時にやってはいけない7つの習慣が、
  1. 文句を言う
  2. 脅す
  3. 責める
  4. 罰を与える
  5. 批判する
  6. 褒美で釣る
  7. ガミガミいう
頭文字をとって、「門を押せば悲報が」とのこと。
この辺まで読んだあたりで、夫だけではなく、子供に対しても外的コントロール的接し方をしているなと気づかされました。
「〇〇しなかったら〇〇できないよ」
「〇〇したら〇〇してあげるよ」
言いがちです。
逆に選択理論を適用している人の考えは、
  1. 耳を傾ける
  2. 励ます
  3. 尊敬する
  4. 受け入れる
  5. 違いを交渉する
  6. 信頼する
  7. 支援する
とのこと。
キーワードは「私は自分だけを変えることができる」。
 

基本的欲求

選択理論では、「人間は内側から動機づけられており……」
と考えられていますが、この動議付けとはなんでしょう。
この動機付けのエンジンを基本的欲求と呼ぶそうです。 
基本的欲求には
  1. 愛・所属の欲求
  2. 力・価値の欲求
  3. 自由の欲求
  4. 楽しみの欲求
  5. 生存の欲求
の5種類があるそうです。
本の中にあるチェックリストで、自分がどの欲求が強いか確かめることができます。
私は2・3の欲求が強いそうです。
力の欲求が強いと相手を外的コントロールしがちになってしまうとのことです。
相手を外的コントロールしないように、特に気をつけなければいけません。
 

自分だけの理想のアルバム=上質世界

選択理論では、私たちは脳の中に自分にとって気持ちの良いものや心地よいものをストックしていくおく場所があると考えるとのこと。
自分にとって気持ちの良いイメージ写真を貼っておくアルバムのようなところを上質世界と呼びます。
上質世界には
  • 自分の愛する人チーム
  • 願っている評価や価値を感じられる状態
  • 自由を感じられる状況
  • 自分の興味や関心のあること、ワクワクすること
  • 自分が安全や安心を得られる状況
の写真が貼られています。
印象的だったのは人の上質世界を大切にしなければいけないと言うこと。
 
それでは、窮屈になったり、我慢したりしなければいけないのでは?
自分の上質世界や基本的欲求を満たすために、相手に何かをして欲しい時どうすれば良いのでしょうか。
それが相手の基本的欲求や上質世界と一致しない場合、我慢しなければいけないのでしょうか。
 
そうではなくて、相手に選択肢の1つとしてリクエストする。
ここが人間関係をしなやかにする極意と感じました。
なんで家事をやってくれないんだろうとイライラしている場合、
  • 夫が家事をすることを選択肢の1つとしてリクエストする。
  • またそれが断られたとしても、「ラジオ局にリクエストした曲が流されなかった」位の気持ちでボツを受け入れる。
(このラジオへのリクエストの例え、本文からの引用です。良いですね。)
ここでリクエストを受けて出てくれるかどうか。
これは相手の上質世界のアルバムに、自分が入るかどうかが鍵になるとの事でした。
 
相手に期待を押し付けて、外的コントロールしようとしてしまうのは、相手を尊重できていない自分がいるからだと気づかされました。
家族とか、仕事の上司とか、親戚とか、身近な人との人間関係でもやっとしたときにお勧めの本です。

 

人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論

人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論