どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

二児(長男・次男)の母の読書日記です

『ダイエットは運動1割食事9割』。では何を食べれば良いの? 1割の運動って何?

この本はフィットネス業界で働いていた事のある著者が、
「なぜスポーツジムに通っているクライアントは痩せないのか」
「なぜフィットネス業界の指導者たちも痩せないのか」
そんな疑問を持ち始めたところから始まります。

「運動だけでは痩せられません」

本書の趣旨は「運動だけでは痩せられません」。
痩せるための運動は運動すればするほど食欲が増してしまうとのこと。
よく筋肉が増えると基礎代謝が増えると言われますが、筋肉量が上がることによる基礎代謝の増加は本当にわずかであるとのことです。
具体的には筋肉を1キログラム増やすのは至難の業ですが、そんなに頑張って1キロ筋肉を増やして増える基礎代謝量は15から45キロカロリーとのことです。
車は運動を全く指定しているのではありません。
著者の主張は運動だけでは無理だと言うことです。
 

では何を食べれば良いのか。

著者が注目したのはN/Cレートです。
N/Cレートこれは食べ物の総カロリーに対して、ミネラルやビタミンといった栄養素がどれだけ含まれているかの比率のことです。
例えば、白米と玄米比べてみます。
白米と玄米はカロリーは同等ですが、玄米にはビタミンB1マグネシウムといったミネラルやビタミンが含まれていますので、白米よりも玄米の方がNCレートが高いと言うことになります。
ではNCレートが高い食物を選びたかったらどうすれば良いのでしょうか。
答えはすごく簡単で、
  • 加工食品の摂取を減らすこと。原型のわかる食べ物をとること。
  • 色の濃い野菜を食べること
  • いわゆるまごわやさしいを実践する事
です。またタンパク質も重要で豆類と魚を多く食べます。肉は食べてはいけないわけではありませんが、食べ過ぎない方が良いとのことです。
ここまで出てきたキーワードを振り返ると、ミネラル、ビタミン、タンパク質。
 

ここでも出てくるオメガ3

一時期ブームになったココナツオイル。エゴマ油。アマニ油。
著者のオススメはオメガ3をとることです。
理由は血液をサラサラにして、細胞膜を柔らかくして、炎症を抑える作用があるためとのことです。
青魚を取る習慣がない人は、ほとんどオメガ3が取れていないとの事。
というわけで早速買ってみました。

 

ニップン アマニ油 150g

ニップン アマニ油 150g

 

 

著者がお勧めする運動

2つ、挙げられていました。
1つはウォーキング。1つは逆立ち。
逆立ちをすることによって上半身が下半身のように血液を心臓に戻す力をつけることができるので、肩こりが楽になったり、女性であればニノウデがスッキリしたりすることがあるそうです。
(やってみようかな・・・)
 

著者のお勧めの本

本書でお勧めされていた本が1冊あります。
気になっていたのでメモしておきます。

 

玄米せんせいの弁当箱 1 おいしい団欒 (ビッグコミックス)

玄米せんせいの弁当箱 1 おいしい団欒 (ビッグコミックス)

 

 

本書を読んでやってみようと思ったこと

3つあります。
  1. 青魚を取ること
  2. 加工食品を減らすこと
  3. アマニ油を買ってみること
あ、、あと逆立ちですね。・・・やってみたけどできるでしょうか 。
随所納得できる本でありました。