読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

1冊の本を読んで、1つの疑問を解消しよう。

日本の会社はアジアの中でどうやっていけばいいの? 『世界を知る6つの特別講義』~第6講~

大前研一さんの「世界を知る六つの特別講義」を読んでいます。
本日は第6講。
 
第6講、最終講のテーマはアジア。
まずは日本企業って、今世界の中でどういう位置づけにいるの? と言う話から入ります。最初に出てくるのは「フォーチュングローバル500」。
 

フォーチュングローバル500とは?

fortune が毎年発行している世界の会社のランキングをまとめたものです。
1995年、日本は149社を占めていたそうです。
ところが、2013年時点で中国に抜かれてしまいました。
2013年の時点でん中国は89社、日本は62社。
そして、インドが9 、シンガポール2、マレーシアとタイが1との事でした。
日本企業は世界の中に置いて、やはり元気がなくなっているのです。
 

なぜ元気がないのか。

根本的な原因の1つは精神論であると感じました。
例えば、近年のデジタル化が日本に及ぼした影響について、本書にはこう描かれています。
 

デジタル化で世界を先導したのはソニー。しかし、最初に新しい技術を開発したとしても技術とスケールで勝負されて負けてしまった。

 
技術を開発する力はあるのに、スピードとかスケールとか、そういうやり方のところで負けてしまうのは、「今動かなければ」と言う気持ちや、「腹を決めてここに投資しよう」と言うハングリー精神のなさから来ているように感じました。
著者流に言うと「根性がない」。
昔の世界で名前が知られるようになった、本田とかトヨタとかにはもっと命がけの気持があったんだろうと。
「無から有を作れる経営者は少なくなった」
という言葉が印象的です。
 

それでも、日本企業がグローバル化したのはなぜか。

日本は1,970年代以降極端な円高が進行しました。
これは、世界でも例がない通貨高だそうです。
だから、結果としてグローバル化することになった。
ある意味ラッキーだった、と著者はかいています。
やむを得ないグローバル化であって、前向きな世界進出ではなかったのですね。
 

ASEAN諸国の特徴

フィリピンは食品に強い、インドはit とmedicalに強いなど、各国特徴があることが書かれています。
強い企業の名前の具体例も上がっています。
そして、アジアにおける華僑ネットワークに加えて、中東やアフリカにおけるインド人のネットワーク「印僑」についても言及しています。
 

日本はアジアの国でどうやってやっていけばいいか。

必ずしも競争相手ではなく、うまく連携することができる場合もある、と書かれています。
日本に入って来たいけど入ってこれない企業と協力したり、アジアに進出したいときはノウハウの蓄積があるアジアの企業と協力したり、アフリカに進出したいときはインドと協力したり。
個人が仲間と協力してプロジェクトをするときは、各々の強みを生かして協力することを意識するかと思いますが、会社と会社の間でも同じことを意識するんだなと思いました。
 

「大前健一さんのBBTを受講している」

同じ職種の素敵な女性の先輩の言葉をきっかけにこの本を手に取りました。
大前研一さん。
もちろんその名前を知っていました。
でも、本を読んだ事は1度もありませんでした。
難解だと言う偏見があったからです。
本書を読んで、まったくの勘違いだったことがわかりました。
まず、状況の解説が俯瞰的で、具体的。
両方のバランスがとても良いのでわかりやすいです。
ビジネスってなに? という私にも読むことことができました。
そして、各章の最後に書かれている大前さんの提案。
どれも納得の真っ当なものでした。
大前さんのコンテンツは多すぎて、どこから手をつけたらいいのかわかりませんが、いつか、BBT大学の扉を叩いてみようかな。
そう思った一冊、初めての大前さんの本でした。
第1項から第5項はこちら。