読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

1冊の本を読んで、1つの疑問を解消しよう。

GoogleとAmazonはやっているけれど、ソニーとパナソニックがやっていないこと。『世界を知る6つの特別講義』~第5講~

bookー実用書
大前研一さんの世界を知る六つの特別講義を読んでいます。
本日は第5講。
 
第5講のテーマはいよいよ世界経済。
 

世界経済の成長鈍化している。ではbricsは?

本書は2016年3月初版の本ですが、データは2 3年前のものです。
本書によれば世界経済の成長は2012年に比べ先進国、新興国ともに鈍化しているとのこと。
これはいろんなところで耳にしますね。
そしてbrics 。
ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカはどうなのでしょう。
なんとこれらの5つの地域でも経済成長は低迷しているとの事。
そしてその原因は政治の腐敗であるとのことでした。
政治の腐敗を評価する指標として「腐敗指数ランキング」というものがあるそうで、bricsはいずれもひどく腐敗しているのことでした。
 

いま世界のお金はどこにあるのか?

いま世界的に金利が圧倒的に低くなっています。
そしてこのお金はどこに流れているのか。
昨今どの国もそれほど信用できない。
そういう状況下では国債が売れない。
その結果、現在株高であることもあり、世界のお金は、先進国の株に流れているとのことでした。
 

Appleがアメリカ国内でiPhoneを製造しない理由は何か?

税金のためだそうです。
AppleのCEO、ティムクックはアメリカの議会に呼ばれたそうです。
そこでティムクックはこう答えたそうです。
 
iPhoneをアメリカで製造してもコストは4ドルしか上がらない。
問題は税金です。
帰ってきてほしいのであれば法人税を安くしてください。
 

AppleGoogleAmazonをやっているけれど、ソニーパナソニックがやっていないこと

Appleアイルランドの子会社に知財の開発コスト・権利を移転しているそうです。
そしてアイルランドの子会社は、例えば日本法人に販売を委託する。
日本法人が出した利益はアイルランドに戻ってくる。
それを本社に配当という形で渡す。
なぜこんなことをしているのか。
答は節税です。
アメリカの法人税率は40%。
アイルランド法人税率は12.5% 。さらに特典も利用しているとのことです。
日本の法人税率は、アメリカと同じで40% 。
にもかかわらずソニーパナソニックもこのような合法的節税スキームは利用していないのです。
 
第5講の最後に、「大前流改革案」と称し、大前さんの日本を立て直すための提案が載っています。
提案は3つ。その一つが、
 
・お金が市場に出てくる仕掛けを作ること
 
日本人は預金が多い。
それは知っていましたが数字は知りませんでした。
日本人の個人金融資産は約1,600兆円あるそうです。
これの1%でも出てくれば16兆円。
これが市場に出てくれば、経済に与える影響大きいでしょう。
あとの2つは、
 
・税制の抜本改革
・規制を撤廃して特色のある、旗になるプロジェクトを作ること
 
残念ながらこの提案を評価する頭、私には無いですが、どちらも納得でした。
残るは第6講。テーマはアジアです。
よろしければお付き合いください。