読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

1冊の本を読むことで一つの疑問の解を得て、お届けすることを目指しています。

なぜ日本の若者は起業しないのか? 日本企業はこれからどうすればいいのか?大前研一の 『世界を知る6つの特別講義』~第2講~

bookー実用書
大前研一さんの世界を知る六つの特別講義を読んでいます。
本日は第2講。第1講はこちら。

今の日本のマーケットはどうなっているか?

日本における60歳以上の人の割合
高齢化が進んでいるとは言いますが、全人口の中で60歳以上の人が何%いるかご存知ですか?
正解は45%。
思っていた以上に多い……と私は感じましたもうすぐ半分に迫る勢いです。
日本で商売をするのであれば、この層のことを考えなければいけません。
第2講のイントロダクションには、60歳以上の消費者の特徴として
・財布のひもは硬いけれど、いざ買い物すると「せっかくだからいいものを」とそこそこのお金を出してくれること。
・ユニークな体験を好むこと
・でもユニークな体験をするまでにステップを踏むことが必要であること。
書かれています。
60歳以上ターゲットした場合、彼らの特徴考慮しなければいけません。
 

イオニストとは?

イオニストとは、休日をイオンなどのショッピングモールで過ごす人たちのこと。
現在の若者に多いタイプです。彼らは彼らで消費をしてくれるので、マーケットの対象としては考えなければいけないとのこと。そして、イオニストたちは、働き手として考えたときに、起業しようという欲望が非常に低いということが書かれています。
 

なぜ日本の若者は起業しないのか。

アマゾンの本社やマイクロソフトの本社があるシリコンバレー。今のここが世界の IT 企業やハイテク企業の一大拠点となっています。そして、シリコンバレーでの人口当たりの起業の数、
・1位はイスラエル人、
・2位は台湾人
とのことです。
なぜ彼らは起業するのか。危機感であると著者は書いています。イスラエル人の方はこの国の将来は厳しいな、と思えばシリコンバレーで起業する。台湾人の方は、やはり中国に乗っ取られてしまったらという危機感を持っている。だから海外で起業する。対する日本人のように人たちには全く危機感がありません。だから起業しようという Ambitious がないとのことです。
 

世界の技術のトレンドは GUI から NUI へ

GUIグラフィカルユーザーインターフェースの略。マウスやタッチパネルのことです。そして、 NUI はナチュラルユーザーインターフェースの略。音声入力など人間が直感的に使えるインターフェースをいいます。今後はさらにNUIの開発が進み、製品に実装されてくるとのこと。実はこのブログも音声入力で書いています。音声入力初めて感じるのはストレスのなさです。第1講ではフリクションフリーについて書かれていました。これからの社会、何もかもがストレスがない方向に、スマートな方向に、なっていくのでしょう。
 

製造業はどうなるか。

これまでの製造業は、沢山作らなければ製造コストが下がらず、損益分岐点まで到達することができませんでした。ところが、3D プリンタ等の普及により製造コストが下がり、少数しか作らない場合でも損益分岐点へ到達できるようになってきました。これからは、テレビもスマホも洗濯機も、非常に少ないロットで生産することができる可能性があり、小企業や個人でもメーカーになれるとのことがかかれています。
 

プラットフォームを作り出すものたち

大企業はプラットフォーム化を目指す、ということが書かれています。例として上がっているのがGoogleです。彼らは検索サイトから始まり、 Gmail を無料にし、Google マップを作りました。そして今では自動走行、Google Glass などにはリアルワールドにも展開しています。さらに Google には Google X という研究所があり、数百のプロジェクト進行中とのことです。すごいのはGoogle Xに参加したい人は、社員でなくても参加できるシステムがあるそうです。世界中の人が Google にアイディアを持ち込んでくるのです。 Google は、それを吸収したり栄養を与えたりして、としてエコシステムを形成しているのです。 Google 以外の企業もネットとリアルの融合プラットフォーム化をねらっていることが書かれています。実際にいくつかの企業の名前も挙がっています。
 

日本の企業はどうすべきか

いくつか書かれていますが、一番心に残ったのはアンチ事業部を作ることですGEはアンチ事業も作っていて、今GEの中にある事業部潰す方法を考える部署があるそうです。これをしなければ小さな会社にやられてしまうと考えているとのことです。自社を知る自社の事業部がその潰し方を考える。そこまでできない企業は、潰される日は近いのかもしれません。
 
第2講で感じたのはGoogleやアマゾンの圧倒的な強さ。大企業がここまでプラットフォーム化してしまったらもうちょっとやそっとでは太刀打ちできないのでしょう。ここまで情報や物流を支配している企業はもはや国より強いと感じました。
一方で3Dプリンタや、様々な技術のオープン化により、個人としての可能性は高まったと感じました。アイディアがあれば起業できるチャンスは高くなったと言えるのかもしれません。
流れに乗れない企業に続けるよりも個人で起業した方がローリスクハイリターンかもしれない。ちらりと、そんなことを感じました。
 
大前さんの解説は、具体例をあげながら、世界の流れ全体を俯瞰するものでとてもわかりやすいです。
引き続き、第3講を読むつもりです。
よろしればお付き合い下さい。