どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

1冊の本を読んで、1つの疑問を解消しよう。

しょくぱんまんが主人公の小説を書いた場合、著作権上問題になるか。「18歳の著作権入門」。

最近、ドラえもんを題材にした小説を目にする機会がありました。
そこでふと疑問に思ったのが著作権的にOKなのかということです。
 
二次創作が盛んな日本。
いわゆる国民的人気アニメになると、そのキャラクターもなじみ深いもの。
性格もよく知られたキャラクター、例えばしょくぱんまんが出てくる小説を書くことは著作権法違反になるのでしょうか。
 
ということで読んでみたのがこちら。
「18歳からの著作権入門」
弁護士・福井さんが高校生以上の若い読者を対象として書いた連載をまとめたものだそうです。

 

18歳の著作権入門 (ちくまプリマー新書)

18歳の著作権入門 (ちくまプリマー新書)

 

 

結論から言うと、
同人誌等の二次創作は、訴えられたらクロになる可能性は高いが、
やりすぎでなければ「お目こぼし」となることが多い。
でした。
 
こちらの本、若い読者を想定して書かれただけあって、
法律を扱っている本ですが、非常にとっつきやすいです。
 
・ニコ動の「歌ってみた」は問題ないのか
・動画を編集した「MAD」は問題ないのか
まとめサイトは問題ないのか
等々身近なテーマが多いので面白いです。
 
ブログも含め、ネットで創作活動をされる方には一読の価値ありです。
 
※ちなみに
・「歌ってみた」はOK。
・MADはグレー
まとめサイトは、きちんと(例えばそれぞれのツイートがリンクを通じて原形で表示される等)引用すればOK
とのことでした。