読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

1冊の本を読むことで一つの疑問の解を得て、お届けすることを目指しています。

自己啓発本を多読する意味はあるのか。

memoー読む本について

先日、今年の読書はビジネス書の割合を少し増やしたいこと、ビジネス書の王道本を読みたいことを書きました。

casablanca.hatenadiary.com

 

早速、「ビジネス書 定番」で検索していたところ、以下の記事に出会いました。

ure.pia.co.jp

こちらの記事には、

・多くの自己啓発本成功哲学本は『仕事術+ロジカルシンキング自己啓発』についての『お約束のストーリー』が書かれていること。

自己啓発について知識をつけたいときには、定番自己啓発本を読んでおくだけで十分であること

・自分が仕事で携わる領域に関する、勉強のための本は読んでおいた方がよいこと

が書かれています。

その上で、読むべき定番ビジネス書(自己啓発本)として、以下の11冊が挙げられています。

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

 
人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

 
7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームススキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 148人 クリック: 4,806回
  • この商品を含むブログ (777件) を見る
 
道をひらく

道をひらく

 
小倉昌男 経営学

小倉昌男 経営学

 
ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

 
考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

 
ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

 
企業参謀 (講談社文庫)

企業参謀 (講談社文庫)

 
アイデアのつくり方

アイデアのつくり方

 
 

 

記事の前段の、『自己啓発本は同じことが書かれている』というくだり、共感しました。自己啓発本を読んでいて「あれ、これ前にも他の本で読んだっけ…」って思うことありますものね。

 

ただ、先日『「朝4時起き」ですべてがうまく回りだす』を読んで感じたのですが、知っていることと実際に生活に取り入れることは違います。(朝4時に起きて『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』を読む。 - 30代、男の子兄弟ママの読書メモ

 

ある自己啓発本を一度読んだからといって、内容のすべてを実践できませんし、心に留め続けておくこともできません。だから、定番本を読んでそれで終わりというわけいはいきません。やはり、ときどき思い出したように自己啓発本に触れていくのは刺激になると思うのです。という意味では、新しい自己啓発本に手を出すのではなくて、定番本を繰り返し読む方が無駄がなくてよいのかもしれません。

 

というわけで、何はともあれまずは定番本にトライしてみようと思いました。

(恥ずかしながら私、上11冊一冊も読んだことありません…)

しかし、定番本と銘打たれているだけあってどれも固そうです。めげたら漫画版からトライします…

まんがで納得ナポレオン・ヒル 思考は現実化する

まんがで納得ナポレオン・ヒル 思考は現実化する

 
まんがでわかる 7つの習慣

まんがでわかる 7つの習慣