読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

1冊の本を読んで、1つの疑問を解消しよう。

book-生き方

180度違う2人の成功者に学ぶ天職の見つけ方。『悩みどころと逃げどころ』

今の仕事って本当に自分に合っているんだろうか。 職場で1位、会社で1位、業界で1位。 どこまでいけるだろう。 どこまでがんばって成果が出なかったら、諦めるべきなんだろう。 自分の天職を求めてもがく過程で、多くの人が悩むポイントが、 ・どこまでが…

誰か私をみとめて。承認欲求を持て余している人に効く処方箋、「京都モデル」とは。『承認欲求』

「これは……この用途でしか使えないの? 例えば……」 上司がそう言いかけた時、かぶせるように私は言いました。 「私もそう思いました。これ〇〇の用途では使えないんですか?」 上司の言葉を遮って。 先日の会議での事でした。 いってしまってから、自分が恥ず…

天才に共通する法則と、子どもを天才にするために言ってはいけないこととの関係。『非才』

「世界一大きい恐竜の名前はなんでしょう?」 「えーと、なんだっけ?」 「正解はアルゼンチノサウルス」 「すごいねー賢い! よく覚えてるね昨日の夜ちょっと見ただけなのにね」 最近うちの子は恐竜に凝っています。 好きなものは覚えるのが早く、聞いたこ…

41歳にして突然の脳梗塞→高次脳。違う世界にトリップした著者が見た世界がリアルに描かれた本。『脳が壊れた』

本書は「平和な日常」から「突然の脳梗塞」で始まります。 この出だしも強烈ですが、高次脳機能障害(=高次脳)となってしまった著者だから見えてきた世界、気付き、考えがまた強烈なのです。 脳が壊れた (新潮新書) 作者: 鈴木大介 出版社/メーカー: 新潮…