どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

二児(長男・次男)の母の読書日記です

bookー科学

どうしたら、賢い子に育つのだろう。『子供の頭脳を育てる食事』。

本書は子どもの頭脳を育てる栄養素についての情報を提供するためだけに書かれた。 そんな出だしから始まる本です。 子どもの頭脳を育てる食事 (角川oneテーマ21) 作者: 生田哲 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2012/10/16 メディア: Kindle版 …

似非科学に騙されがちなリケジョにオススメの本。『科学との正しい付き合い方』。

本書はサイエンスコミュニケーターの内田麻理香さんの本です。 内田さんは、 「世界一受けたい授業」は「すいエンサー」などに出演されたこともある方で、多くの著書も出しています。 理科の面白さを上手に伝える方としては、でんじろう先生が有名です。 で…

『ダイエットは運動1割食事9割』。では何を食べれば良いの? 1割の運動って何?

この本はフィットネス業界で働いていた事のある著者が、 「なぜスポーツジムに通っているクライアントは痩せないのか」 「なぜフィットネス業界の指導者たちも痩せないのか」 そんな疑問を持ち始めたところから始まります。 運動指導者が断言! ダイエットは…

糖質制限が危険とされる理由、ケトン体・ケトアシドーシスとは何か。『ケトン体が人類を救う~糖質制限でなぜ健康になるのか~』

最近、糖質制限は良いのか悪いのか、その糖質制限論争に1つの終止符が打たれたと言うニュースがありました。 toyokeizai.net 従来、炭水化物をメインに食事をしてきた私たちにとって、「糖質制限」と言う考え方はなかなか受け入れられない過去がありました。…

生ゴミを使って、堆肥を作り始めてみました。『生ゴミ先生の元気野菜革命』

きっかけは生ゴミの多さでした。 私はミニマリストではありませんが、simple lifeには憧れを持っています。 そして、simple lifeを保つための基本的な考え方は「インとアウト」。 そのバランスを保つ事だと思っています。 アウトに着目したとき、我が家は出…

嫉妬は大切なセンサー。『「ドロドロした嫉妬」がスーッと消える本』

凄いタイトルの本を読んでしまいました。 「ドロドロした嫉妬」がスーッと消える本 作者: 水島広子 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 2014/01/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る みてください。 このドロドロ…

結婚するなら若ハゲがいい!「なんでもホルモン」

最近旦那の髪を少々心配していたところ、こんな本を読みました。 なんでもホルモン 最強の体内物質が人生を変える (朝日新書) 作者: 伊藤裕 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2015/03/13 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る お医者さんによる…

脳の仕組みを見て知る本。とにかく写真がきれいです!『脳とこころのしくみ』。

以前、記憶力をよくしたいという思いから こちらの本を読みました。 casablanca.hatenadiary.com それで、今度は脳に興味をもち、 こちらの本を読んでみました。 大人のための図鑑 脳と心のしくみ 作者: 池谷裕二 出版社/メーカー: 新星出版社 発売日: 2015/…

記憶の仕組みを科学的に知る本。『記憶と情動の脳科学』。

自己啓発に時間をかけて、仕事に関することについて勉強しても、必要な時にうまく出てこなくて、実際に使えないのでは役に立たないですよね。 以前から記憶力がもっとあればなぁと思っていました。 試験勉強とか資格試験の勉強は苦手ではなかったのですが、…

科学的に加熱調理するための勉強本。『おいしさをつくる「熱」の科学』。

最近、「再現性よく美味しい料理をつくること」、について試行錯誤しておりその一環として手に取りました。 調理は反応なので、同じ条件でつくれば、同じものができるはず。 そして、調理は、基本的には、切る、加熱する、味付けするがメインかと思いますが…

赤ちゃんにとって美人の基準はお母さんの顔。『科学の宝箱』。

先日読んだ『もっとおうちの科学』が面白かったので、引き続き科学の豆知識本を手に取ってみました。 科学の宝箱 人に話したくなる25のとっておきの豆知識 TBSラジオ「夢☆夢Engine!」公式BOOK 作者: TBSラジオ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/10/31 …

大きくなったキュッパがつくった!?『国立科学博物館のひみつ』。

科博の企画展はいつも魅力的だな、と思いつつ最近はなかなかいってません。混んでるんですよね。 が、今度常設展に子供を連れて行こうかな、と思っていたところだったので手に取りました。 国立科学博物館のひみつ 作者: 成毛眞,折原守 出版社/メーカー: ブ…

水の硬度が日本酒の味に及ぼす影響はいかに。『もっと!おうちの科学 暮らしに効く55のおいしい知恵となるほどコラム』。

以前、web上の記事で作者の内田さんの名前をお見かけし、 そのとき『サイエンスコミュニケーター』と肩書を初めて目にしたので印象に残っていました。 サイエンスコミュニケーターとは、一般の人々と科学の専門知識を橋渡しする人のことだそうです。 いわゆ…